www.trollingerconsultinggroup.com

私の記憶に残るサッカー選手D

サッカーはわずかなポジションの相違で攻撃や守備で果たすべき役割と動きが変わってくるため、自然と自分の得意なポジションに磨きをかけると成功していきます。
元オランダ代表のルート・フリット選手はポジションの枠を超えた自由なプレーで活躍しました。

 

フリット選手は中盤に入っても勢いのある攻撃参加に加え、ディフェンダーから最前線のフォワードまで当たり前のようにこなしてしまうマルチな選手です。ディフェンダーとしてもしっかりと相手にプレッシャーをかけ、相手に体を当てられてもビクともしない186cmという体格はディフェンスでも強みと言えます。そして、攻撃時にはキーマンとなってボールをとるとダイナミックに駆け上がり、ずば抜けたスピードのドリブルと不意を突く切り返しを交え、突破します。また、フリット選手のゴールシーンで欠かせないのがヘディングであり、体格もさることながら相手の数段上をいくジャンプ力でゴールへと押し込んでいきました。

 

普通なら多少なりとも山なりになるヘディングですが、フリット選手の場合はゴールへ矢のように突き刺さる力強さがありました。攻撃の時には自由に動き回りながらも最後のゴール前には必ず顔を出してヘディングやボレーシュートでゴールを決める姿は彼ならではの才能です。気になる情報サッカー まとめ今すぐ、チェックです!

 

世界を魅了してきたオランダ人選手はたくさんいますが、その中でもフリット選手は奔放さと身体能力が際立っていました。