www.trollingerconsultinggroup.com

EMSの原理と効果について

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略で、筋肉を電気刺激によって収縮させる運動器具です。これは人間が筋肉を動かす時に、脳から神経を通じて微弱な電気信号が筋肉へと伝わることで、筋肉は電気信号に従ってギュッと収縮して動かしていることを利用して、EMSでは脳の代わりに電極を貼り付けることにより電気信号を筋肉へと伝えて収縮させているのです。

 

このEMSの良い点は自分から腹筋運動しなくても、受け身の形で腹筋トレーニング出来るという点です。その為、テレビを見ながらや読書をしながらなど他の事に集中しながら腹筋運動が出来る点です。
しかし、本格的な腹筋運動と比較すると自分の意思で筋肉を動かさないことから、筋肉が限界を超えて収縮する危険が無いように流れる電気信号は微弱なものとして安全性を確保する必要があるのです。その為、EMSを利用した運度は通常の腹筋トレーニングの代わりにはならないと考えられます。

 

こう書くとEMSは効果無いと思われますが、利用すると筋肉の収縮が行われるのでエネルギーは確実に消費されますし、普段は意識して使わない筋肉を積極的に動かすことが出来るので効果は確実にあるのです。
気掛かりな事はコチラ→シックスパッド 割引で解決しましょう!